マイプライベートルームテトラの防音機能について

マイプライベートルームテトラは設置・移設が簡単な軽量パーテーションでありながら一般壁面と同程度の防音性能を有しており、吸音パネルを貼ることによりさらに防音機能を高めることができます。

発泡ポリスチレン材による防音効果

従来の発泡スチロール材は連続気泡材です。それに比べ、マイプライベートルームテトラに使用している発泡ポリスチレン材は、独立気泡構造であり、ボード内面の気泡がそれぞれ独立した完全密閉状態となっており、連続気泡材よりも音の振動が伝わりにくくなっております。同時に市販の発泡スチロール材よりも重量がありますので、遮音に優れます。

内面への特殊セラミックコーティング

ボード内面にはすべて機能性セラミックコーティングを施しております。コーティング内の特殊中空バルーンが騒音・衝撃音を低減させます。このコーティング材の塗布によって、約5〜10dbの防音効果があります。

外面PVC壁紙が音響を反射

コーティング+発泡ボードを通過してしまった音響を外面PVC壁紙にて反射しています。(遮音シートとしても用いられるPVC樹脂には遮音機能があります。)

一般的に防音機能と呼ばれるものは下記の2つの機能をポイントとしています。
遮音機能音波を室内に反射させ振動エネルギーを室内に閉じ込める重量体で音波を遮断
吸音機能音波を跳ね返りにくくしたり音波の振動エネルギーを熱エネルギーに変換し減衰させる柔軟体で吸収

ボード本体は発泡ポリスチレン材で出来ており、従来のパーティションに比べ非常に軽量にできています。軽量のため、音が響いて遮音機能が弱いのではないか?という方もいらっしゃるかもしれません。また、発泡材に本当に吸音機能があるのか?と思われる方もいると思われます。そこで、実際に比較をしてみました。

  1. 市販の発泡スチロール材 40mm
  2. 一般的な段ボール
  3. 従来の建築壁面(壁紙 + ボード + 空気層+ ボード + 壁紙)40mm
  4. マイプライベートルームテトラ(PVC壁紙 + 発泡ポリスチレン材 + 機能性コーティング)40mm
  5. 上記テトラ+吸音スポンジパネル貼付
遮蔽物なし発泡スチロール段ボール一般壁面材テトラテトラ+吸音パネル
アラーム時計81.1dB71.8dB70.6dB65.8dB65.7dB61.0dB

※上記は実測値であり、保証値ではありません

吸音スポンジパネル

詳細情報・購入はこちら

※その他、ご自分でできる防音対策は以下のとおりです。

・防振・遮音シート・・・床面からの振動、反響を抑えるために重要となります。
・隙間対策・・・テトラの合わせ面に市販の遮音テープ等を貼っていただくとより効果的です。

<参考>日常生活における騒音の大きさ
(dB)騒音のめやす騒音レベル
120dB飛行機のエンジン、雷極めてうるさい
110dB車のクラクション
100dB電車のガード下
90dB騒がしい工場内、カラオケ、犬の鳴き声、ドリル機
80dBピアノ、麻雀部屋、地下鉄の車内、目覚まし時計
70dB騒がしい事務所内、掃除機、セミの鳴き声うるさい
60dB洗濯機、テレビ、乗用車内、トイレ洗浄音
50dB事務所内、エアコン室外機普通
40dB静かな事務所、換気扇、図書館
30dBささやき、深夜の街頭、静かな住宅地静か

ページトップへ